スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
地震3日目
地震3日目、ハピコと母親でおばあちゃんを探しに行きました。

水がひいていないってことは、
どこかへ避難している可能性の方が高いと思い、
一緒に住んでいるいとこの子供が通う学校へ向かいました。
その周辺は私が津波から逃げて通ってきた道だったのだけど、
津波がきていた痕跡があり、
本当にあとちょっと遅かったら自分も巻き込まれていたかもしれないと思いぞっとしました。
そして、地震のあった時間帯はちょうど下校時間だから、
無事かどうかも心配でした。

そして学校へ到着すると、
その学校自体津波の被害を受けており、
みんなで別の施設へ避難したとの張り紙が。
そこでいとこの奥さん、子供2人の伝言メモを発見!!
とりあえず無事であることが分かり安心。
そしてその移動した施設へ向かう。
そこでその3人と、おばあちゃんちのおじさんとも会えました!
話を聞くと、おばあちゃん歩けないので、
家の2階でおばさんとおじさんとおばあちゃんと3人で待機していたとのこと。
とにかく無事であることが分かり、
またもや一安心。
そしておばあちゃんちに向かいました。
そこで津波の被害を初めて目にするのだけど、
本当に言葉が出ませんでした。
車がぐしゃぐしゃになって何台も積み重なっていたり、
建物の中がなくなり柱だけになっていたり、
屋根の上に車が乗っていたり。
そこはいつも私が通勤で通っていた道なので、
見慣れた場所のあまりのすごさに絶句でした。

おばあちゃん家の近くで車を止め、後は徒歩で向かうも、
家と家の隙間が流れてきたごみや車で埋め尽くされていて通れず、
かなりの遠回りでなんとか到着。

おばあちゃんとおばちゃんにも合うことができ、
またまた一安心。

地震当日、おばあちゃん達は徒歩でその地区の指定の避難所へ向かおうとしたのだけど、
おばあちゃんがそこまで歩く自信がないということで、
自宅へ引き返してその30分後に津波がきたそうです。
もしおばあちゃんの足でそのまま向かっていたら
巻き込まれてたいたのかもしれないです。
いろんな人の話を聞いていると、
ちょっとの判断の差やタイミングの差で命運が別れたように感じます。

とりあえずみんなでハピコ家へ避難することに。
いとこの奥さんと子供は奥さんの実家へ。

安心してどっと疲れが出て、
この日も早めに就寝しました。
スポンサーサイト
【2011/04/13 19:51 】
独り言 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<地震後4日目 | ホーム | 余震>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momologlog.blog112.fc2.com/tb.php/486-140e8b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。