スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
地震後の生活
次の日起きてみたら、水道が出なくなっていました。
母親と私が水をためていなかったことに、
妹絶句。

今度地震がきたらまずできる限りの水を貯めようと強く思ったのでした。
でも二度とこんなことは起きてほしくないけど。

7時頃、もう一人の妹が帰宅。
この妹も私の会社の近くで働いているのだけど、
近くの関連会社に避難していて、一晩過ごし、
会社の人に送られてきたとのこと。

この頃家族みんなの携帯のバッテリーも切れ、
海沿いに住んでいる親せきや友達とも連絡が取れず不安でした。
隣のお姉さんに充電器を借り、車で20分程充電。
でもあっという間に充電切れる。

落ち着いたらシガーソケットで充電できるやつ絶対買おうって強く決めました!
普段使わないと思うけど。

ラジオからは被害の大きさがどんどん伝わってきて、
南三陸町が壊滅状態だとか、
町の半数の人が行方不明とか、
会社やスーパーの屋上に人が残されているとか。

ただ、この頃は映像見れなかったし、ガソリンもなく町の様子を見に出ることもなかったので、
ラジオの話もなんか身近なこととは思えず、家族みんなでお昼寝なんてしてたり。
この頃会社では私ともう一人の子だけ連絡がとれず、
みんな私が津波に巻き込まれたと思ってたらしいです。
「○○さん(ハピコ)マジでヤバいかもしれない・・・」
そんな考えがみんなの頭をよぎっていた中、
私はぬくぬくとお昼寝してました。。。
仙台市内に住んでる人達は電気の復旧が早かったらしく、
充電できてないなんてあまり考えなかったらしい。

そしてこの日、隣町に住んでいるおばさんが突然我が家へやってきました。
まずはお互い無事であったことにほっとし、
そしておばあちゃんと連絡が取れないから探しに行くとのこと。
おばあちゃんの家のあるところも、
海から直線距離で1.5キロくらいの所なのでハピコ家ももちろん心配してました。

が、夜におばちゃんからまだ水がひいていなくて、
その地域に入ることもできなかったと電話あり。

よし、明日はうちで探しに行こう!と決め、
またもや20時で消灯。
スポンサーサイト
【2011/04/08 20:26 】
独り言 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<余震 | ホーム | 地震当日のこと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momologlog.blog112.fc2.com/tb.php/485-354baf64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。